プール・可動床部

チェーンドライブ方式シリンダー方式
既設プール用可動床ステンレスプール
メンテナンス

日本水泳連盟マーク
既設プール用可動床

システムの特徴
1.既設プール(水槽)に投入・設置するだけの簡単工事
プール本体の大規模改造は必要ありません。
2.屋上プールにも設置可能
本体自重が軽量ですので屋上プールにも設置可能です。
3.水深可変数2段階
水深を2段階まで変更可能です。
4.水深変更時間5分程度
学校プールですと学年ごとに水を足したり、抜いたりする時間が必要ですが、
可動床なら水を調整する必要がないので時間短縮になります。
5.床下清掃も可能
床下清掃を配慮し、点検口を設置しています。

イメージ図

イメージ図


利用例

利用例